交渉が難航するケースも

基本的に借地権を売却するためには地主との交渉が必要となります。トラブルになってしまう方に共通するのは、この地主との交渉をしなかったり、自分だけ交渉して承諾を得たつもりになっているケースが多いのです。つまり、地主と借地権者とのあいだで意志のすり合わせができていない、という状態になることが多いためトラブルになってしまいます。

交渉また、地主との交渉そのものが難航してしまうこともあります。地主によっては借地権についてあまり詳しくないケースも少なくありませんし、説明する借地権者側の人も説明が上手でないことも多いです。借地権の売買について分かりやすく説明するには不動産や法律に精通していないといけませんが、一般の方にはハードルが少々高いのではないでしょうか。

自分ではかなり分かりやすく説明しているつもりでもまったく地主に伝わらないということもありますし、難航する交渉に嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。これを乗り切らない限り借地権を売ることはできませんし、交渉をやめることはできません。では、どうすればもっとスムーズに地主との交渉を進めることができるのかということですが、もっともおススメなのは底地取扱店に相談することです。

Pocket