借地権の売買

売買借地権という言葉を耳にしたことがある方も少なくないでしょうが、借地権とは文字通り土地に関する権利の一種です。土地に関する権利にはほかにもいろいろとありますが、借地権は今一つ理解しにくい権利の代表格のように扱われることも少なくありません。借地権とは建物の所有を目的とした土地の賃借権のことを言うのですが、実際には借地借家法に基づく借地権と民法上の借地権の二つに分けることができます

恐らく、これだけ読んでも何のことかまったく分からないという方も多いと思いますから、もっとかみ砕いて説明したいと思います。要するに借地権とは第三者の土地を借り、そこに自分が所有する建物を建てることができる権利、ということになります。借りる側の人は借地権者となり、貸す人のことを借地権設定者、もしくは底地人と呼ぶこともあります。借地権者は土地を貸してくれた地主に対して毎月対価となるお金を支払わなくてはなりません

この借地権ですが、実は売買できることをご存知でしょうか。実際に借地権が売り買いされることは珍しいことではありませんし、今こうしているあいだにも借地権が取引されているかもしれません。しかし、借地権の売買はトラブルになってしまうことも少なくありませんし、なかなか決着がつかないということも多々あります。そこで、このサイトでは借地権売買におけるトラブルの例や、どうすればトラブルを回避してスムーズに借地権を売買できるかについてお話したいと思います。